投資マンションで楽生活|安定に投資する利点

不動産

安定している

お小遣いを稼ごう

不動産

資産運用の手段として投資マンションを保有することはかなり有効です。なぜならば安定した収入を確保できるからです。給料とは別の収入源を持つことで生活にゆとりが生じます。ローンのない投資マンションを1戸保有すれば手取り収入で5万円程度を見込むことができます。2戸で10万円となりますから、サラリーマンの平均小遣いが3万円前後であることを考えれば、自分が支出できる金額が大きく増えることになります。投資マンションを保有するということは少し前までは一部の資産家が行うものと見られていました。つまり、十分なお金がなければ買うことすらできなかったわけです。しかし、今ではサラリーマンやOLでも投資マンションを購入しています。

今はお金を借りやすいです

このような変化の背景には金融機関の姿勢の変化があります。金融機関は企業などに事業性資金を供給することで利益を上げていましたが、今では事業性資金を必要とする企業が減ってきており、また、資金調達の手段も多様化しています。銀行からお金を借りなくても事業運営ができてしまっているのです。さらに金利も低下しています。このため、金融機関の収益は低下してきており、新たな貸出先として投資マンションで資産運用をする個人に目を付け始めたのです。しかも、最近では金利競争も起きています。このような状況は投資マンションを購入しようと考えている個人にとっては朗報と言えます。今後、しばらくは個人投資家が投資マンションを購入しやすい状況が続きます。